• Home アイデアを形にする自費出版

アイデアを形にする自費出版

何かの拍子に思いつくアイデアを形にして誰かに伝えたいと思うことがあるかもしれません。そんな時の選択肢としては、とりあえず文章を起こしてみることや歌や絵にしてみる、ブログを書いてみるなどと身一つではじめられるものもありますが、すこし気を入れてアイデアを形に残したいと考えたときにとりうる手段として自費出版というものがあります。自費出版とは、自分で出版する費用を持つことで市販されているもののような本を製本してもらうという方法です。商業ではなかなかなじませづらいような好みを煮詰めた文章や自分の半生を綴った自伝、身内の配るための一冊などさまざまな利用の仕方があります。アイデアを自費出版するメリットはそういった形に残るようにすることが出来るので何をしてきたのかを他の人に伝えやすいことです。形に残る、それも第三者を介したものになっていると印象もひとしおになります。

また、自分のためにもしっかりとした製本をされた本を欲しい時にとても役立てることが出来ます。自費出版を扱っている会社は印刷や編集をしている会社も多いので、実際に本屋さんなどで扱われている本と同様のプロセスを踏んでもともと持っていたアイデアをさらに洗練させてからしっかりと残そうという意志を持っている場合には特に良いかもしれません。また、本は出したいが大まかなアイデアまでになっている場合にも本の形になるまでサポートしてくれる場所もあるでしょう。自分が依頼主で著者なのでその辺りは好みに合わせて調節することが出来ます。装丁や白黒、カラー版の選択から大きさページ数まで自在なのが自費出版をする際の魅力になります。また、良い出来の作品が仕上がったときには本の問屋さんや書店、その他店や通信販売などを利用して流通させることも出来ます。手間もかかる分利益なども売れたときには大きなものになります。流通できるようにISBNを取得するなどすると見た目も書店に並ぶものと遜色ない一冊に仕上がります。また、本を作った場合には国立国会図書館に献本することが法律で本来は義務付けられているので自分の本を国立国会図書館の書棚に並べるということが可能になるのです。

日本に流通している書籍を遍く収集するのが国立国会図書館の目的のひとつなのでそれにかないます。過去の名著や大ベストセラー作、歴史上の書籍と自分のアイデアを固めて自費出版した一冊を並べておくということになります。