• Home 電子書籍を利用した自費出版について

電子書籍を利用した自費出版について

自分の長年の研究や、過去に書いた小説などについて、自分の書籍を出版することは、文書を書くことを趣味としている人にとっては一つの夢となっていますが、多くの場合には研究成果や小説などが世に出ることが無いままであることが一般的となっています。実際に書籍を出版する場合には出版会社に原稿や企画を持ち込んで、編集者に出版する価値があると認められれば、出版社内の企画会議にかけられて、出版の判断がなされることになります。このように、無名の著者が書籍を出版するということは大変ハードルの高いものであり、素人がすぐに自分の著書を出版することが出来る確率は低いと言えます。このように、実際に自分の書籍を出版することは難しいのですが、最近は自費出版という形で自分の書籍を出版する方法が注目されています。この自費出版については様々な方法がありますが、大型書店などでも自費出版を行うサービスがあります。

このサービスは原稿を持ち込むことで、校正やデザインなども行ってくれる場合もあることから、無味乾燥な書籍ではなく、一般に販売されている書籍と同程度のデザインで書籍を作成することが可能となっています。実際にこのようなサービスを利用する場合には、校正やデザイン、印刷費用などについては、著者自身が負担することになります。この負担の中で特に大きいのが印刷代であり、自費出版を行う場合の大きな障害となっています。そこで、近年利用されている自費出版方法が電子書籍による出版です。電子書籍は、タブレット型のパソコンなどにインストールすることで、手軽に書籍を読むことが出来るシステムです。この電子書籍の大きな利点の一つは紙による書籍を持ち歩く必要が無い点です。このため、実際に多くの場合には、タブレット端末やスマートフォンなどを持ち歩くだけで、何十冊もの書籍を持ち歩くことが出来るのです。このような利点によって、手軽に書籍を読むことが可能であり、さらには、欲しい書籍をその場でダウンロードして読むことが可能となっています。このように大変便利な電子書籍ですが、出版を行う側にとっても大きなメリットがあります。まず、最新の書籍から古い書籍まで、インターネット上のサーバーにデータを置いておけば簡単に販売することが可能であり、自費出版を行う場合にも最適な方法と言えます。

この電子書籍による自費出版を利用することで、格安で自分だけの書籍を多くの人に読んでもらうことが出来るのです。